すきやきっちのネットコミュニティブログ

『Web1.0』で行こうと思いますのでブログの方は凍結します。 http://theendou.adam.ne.jp/index.htm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インスパイヤ」と英単語の「inspire」は別物。

最近エイベックス様が使用している「インスパイ」という言葉ですが、これは英単語の「inspire」とは別物で、エイベックス様が新しく作り出した言葉であると思われます。
根拠は「発音が違う」と「意味が違う」の2つです。

まず「発音が違う」ですが、「inspire」の発音はカタカナ表記するならば「インスパイ」であって「インスパイ」ではないのです。
むしろ「ウ」とも聞き取れるあいまいな発音です。
(学研の「スーパーアンカー和英辞典」、旺文社の英和辞典等より)
で、この件に関して、エイベックス様が発音を間違えたということも考えれますが、絶対に有り得ないです。
まさか、「格好良いイメージの代名詞」と言うべきエイベックス様が「inspire」程度の基礎的な英単語の発音を間違えるなんてことは無いはずです。
そんな間違いをしたら中学生にすら笑われます
しかも、ミスが許されない状況で間違えるなんて絶対に有り得ないです。
あくまで仮定ですが、もしもエイベックス様が「inspire」の発音を間違えたとしたら痛過ぎです。寒過ぎです。2ちゃん語で言うならDQNです。
そんなわけで、発音的問題から「インスパイ」と「inspire」は別物だと思われます。


次に、「意味が違う」ですが、エイベックス様の「のまネコ」に関する回答にて使われている「インスパイ」の意味は、全ての「inspire」の使われ方と矛盾します。
(知らない人はhttp://www.e-zen.info/ の下部参照)
まず、「inspire」の使われ方を一通り挙げます。
(旺文社の英和辞典より)
①元気づける・勢い付ける(ry
②(感情・思想などを)持たせる(ry
③(思想・感情などを)吹き込む(ry
④・・・を鼓舞する(ry
⑤霊感を与える
⑥・・・をけしかける、・・・を示唆する
⑦(空気・ガスなどを)吸い込む

まず①②③④⑥に関してですが、今までAA文化を勢い付けたり、AAに感情や思想を吹きこんできたり、AA文化をけしかけたりしたのは全て2ちゃんねらであってエイベックス様でないので該当しないはずです。
まさか、今まで2ちゃんねらが創ってきたAAを自分の創作物だと・・・あれれ?某週刊誌とか過去の発言を見ると・・・まぁ気のせいだ・・・そんな厚顔無恥な事をするはずが無いでしょうから。うんうん。
それに、今まで著作権に関してのモラルを主導してきたエイベックス様が、そんなモラルに反する主張をするはずが無いので、絶対に該当しないはずです。
⑤ですが、まさか、霊感を与えるなどという電波な発言は・・・でも、過去の発言を見ると・・・まぁ、気のせいだ・・・超格好良いイメージのエイベックス様が電波なんて。うんうん。
⑦ですが、まさか、エイベックス様が何か「頭がおかしくなる気体」を吸い込んだわけでもあるまいし・・・でも、最近の対応を見ると・・・まぁ、気のせいだ。うんうん。
と言うわけで、「inspire」に使われる意味全てが該当しないのです。

で、「インスパイヤ」と英単語の「inspire」は別物であるという結論に至ったのです。
スポンサーサイト

「のまネコ」著作権に関するエイベックス側の弁解について

エイベックス側が「のまネコ」問題に関して弁解をしてきましたが、この弁解は、逆の立場の例をもって考たところ、
2ちゃんねる側がエイベックスの著作物を改良したものを自由に売買・配信することも認めたものだと判断できます。
さて、前回と同じように、逆の立場の例を書いてみます。

まず、原文です。
http://www.e-zen.info/

 【のまネコ著作権について】

 「のまネコ」は、「のまネコ」の著作を管理する
 有限会社ゼンとエイベックスネットワーク株式会社が
 商品化契約を締結しております。
 「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等の
 アスキーアートにインスパイヤされて映像化され、
 当社とエイベックスネットワーク株式会社が今回の商品化にあたって
 新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものですが、
 皆様において「モナー」等の既存のアスキーアート・キャラクターを
 使用されることを何ら制限するものではございません。
 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。



そして、逆の立場の例です。
「のまネコ」を「エイベックスの曲をリミックスしたもの」に例えます。
「有限会社ゼン」を「2ちゃんねら」に例えます。
「エイベックスネットワーク株式会社」は「○○音楽配信会社」に例えます。
「モナー」は「エイベックスのアーティストの曲」に例えます。

 【エイベックスの曲をリミックスしたものの著作権について】

 「エイベックスの曲をリミックスしたもの」は、「エイベックスの曲をリミックスしたもの」の著作を管理する2ちゃんねらと○○音楽配信会社が商品化契約を締結しております。
 「エイベックスの曲をリミックスしたもの」は、エイベックスのファンに親しまれてきた「エイベックスのアーティストの曲」等の原曲にインスパイヤされてリミックスされ、2ちゃんねらと○○音楽配信会社が今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてリミックスしたものですが、皆様において 「エイベックスのアーティストの曲」等の既存の原曲を使用されることを何ら制限するものではございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。



さて、エイベックス側が今回のような弁解をするからには、勿論、2ちゃんねらが同様の事をやり返した際に上記のような弁解をしても抵抗しないはずですよね?
だって、既に、エイベックス側が同様の事をしているわけですから。
そんなわけで、今回のエイベックス側の弁解は、2ちゃんねる側がエイベックスの著作物を改良したものを自由に売買・配信することも認めたものだと判断させて頂きます。

「のまネコ」に関する抗議文

現在エイベックス社及び「わた」氏(マイヤヒーのFLASH作者)が2ちゃんねらに対して行なっている事を
逆の立場に例えた文章を書きましたので、どうぞお読み下さい。
そして、貴方達が何を行っているのか、よく顧みて下さい。

さて、エイベックス社及び「わた」氏(マイヤヒーのFLASH作者) は、
「のまネコ」が2ちゃんねらの共有財産である「モナー」と何ら変わりがないにもかかわらず、
独自の創作物と主張し、商品化し、利益を得ようとしているようですね。
で、貴方達自身がそういうことを行うからには、勿論、2ちゃんねらに同様の事をやり返されても文句は無いはずですよね?

例えば、2ちゃんねらがエイベックスの曲リミックスして「自分が作ったんです」と主張しても文句は無いはずですよね?
その理由が既に貴方達が既に「モナー」に対して同様の事を行っているからです。
2ちゃんねらの共有財産である「モナー」と殆ど変わりのない創作物を己の所有物だと主張しているからです。

それと、2ちゃんねらが「それ」をエイベックス社の同意無く売買・配布しても文句は無いですよね?
その理由が既に貴方達が既に「モナー」に対して同様の事を行っているからです。
2ちゃんねらの共有財産である「モナー」と殆ど変わりのない創作物を2ちゃんねらの同意無く売買・配布しているからです。

まさか、自分達が行っている事を顧みずに、上記に書かれていることに不快に思うはずは無いですよね?
上記にか書かれたことに文句があるのなら、まずは己の身を正すべきですよ。

「のまネコ」問題の参考サイト
http://grassroots.hp.infoseek.co.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。